スカタン


2005年10月2日 某所で行われたイベントに参加した
仲間は知力・体力・美貌自慢の5人
名付けて「ニアミスハンターズ」
数々の雪辱を果たすべく、大人気なくトーシーローの大会に参加
その顛末やいかに

夜更かしの面々がまだ夜も明けぬ午前5時30分に集合
1人でも起きられる自信のあるやつがいたのだろうか?
集合場所に行ったはいいが、誰も現れなたった…
という極めて現実的な不安を抱きつつ集合場所着くと、意外にもすでに皆そろっていた
「子供の遠足じゃないんだから…こいつら寝れなかったのか?」
などと思ってみたが怖くて決してこのメンバーでは口にできない

1台に乗り合わせて目指すは現場!
約3時間のドライブで到着

あまりにも早すぎた
だーれもいやしねー
それどころか、まだスタッフが会場の準備をやっている

しかし、そこは転んでもただでは起きない面々
「そりゃルール違反だ!」などという戯言は誰も言わず、早速会場の下見に入る
おいおい、トーシロー相手だろ…

準備万端、ゼッケンを胸に勇ましくポーズを決める面々
自信満々の態度をご覧あれ
いよいよスタート!

数々の難問を難なくクリアーしつつ、ズンズン歩を進める勇者たち
我らの前に立ち塞がるものなど何もない
悪魔とは○め 途中でであった悪魔とも余裕で記念撮影

他チームの情報は一切入らないが、どう見ても10馬身以上は引き離しているに違いない
まさに一人旅

再度言うが、我々には「知力・体力・美貌」の全てが備わっているのだ
そう、敵などいようはずがないのだぁぁぁぁぁぁぁーっ!
堂々たる入場 じゃーーーん!

スモークの中から現れるのは我らがリーダー!

4時間のトライアルに1時間30分余して堂々の入場!

リーダーのあふれる笑顔、自信に満ち溢れたガッツポーズ
ガッツポーズをするミ○ル あまりにも早い帰還に慌てふためくスタッフ
それを尻目に雄叫びを上げる我らがリーダー!

「私たちを相手にしようなんざ100年早いわよ!」
と言わんばかりの力強いポーズは、見るものを圧し、決して崩れることはない

リーダーの発する激しいオーラにMCの腰も引けてしまう
MCとともに記念撮影をする勇者たち

リーダーの手にした「認定書」が光輝く
ねずみおとこ 会場では、まだほとんどの参加者が走り回っている
それを肴にビールをグビリ

「勝利の美酒ってのはこれなんだねー」
などとうっとりしながら誰かがつぶやく

「タイムアップ!」
無事、イベント終了

表彰式の前には、参加賞の抽選会
ここでも「ひもの」ゲット
「いやー、何だか悪いね これ誰かにあげる?」
などと余裕の会話

「さー、いよいよ、勝利者発表!」

MCの声にも力が入る
「第5位は… 第4位は… 第3位は… 第2位は…」

緊張の一瞬
「そして、栄えある勝者は!!!!」
ためいき その1 「あー、疲れた」

「いったい何が起こったんだ?」

「だから言ったろ、ちゃんとルール読めって」
「それは私が言ったのよ なのに聞く耳持たないから」

「あの笑顔、ガッツポーズは何だったの?」

我々が真の勝者となる日は訪れるのか…

スカタン道は果てなく続く

(注)これはノンフィクションであり、写真に一切のヤラセはありません


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO